とみぃのずぼら日記

メインに時事ネタ、政治ネタ、ゲーム、TV、アニメ等ネタになりそうな事を書いてます。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

ipad早くも飽きられる?

鳴り物入りで発売されたipad
でもここ最近あんまりipadの話題を聞かない。

iPad「もう飽きた」の声 「重たい」「使えない」と不満

国内での発売から1か月が過ぎた米アップルの多機能情報端末「アイパッド(iPad)」。各種メディアが大々的に取り上げ、発売日には買い求める人たちの長い行列ができるなど、ちょっとしたブームが起きた。だが、その後購入者からは、当初思い描いていた中身と違ったのか不満も出始めている。

パソコン(PC)や携帯電話が普及し、「アイフォーン(iPhone)」のようなスマートフォンもシェアを高めている。アイパッドを買ったはいいが、使い道が定まらないうちに飽きてきたユーザーもいるようだ。
何に使えばいいのか分からない
電子書籍も今ひとつ十分でない

「同僚の持ってきた奴触らせてもらったが予想以上に重かったなぁ 相当不評だったから翌日から一切もってこなくなった」
「買ってみた感想。文字入力が面倒。アプリに金がかかりすぎる。Flash使えない。付属品が高い」
「TVでipad持って子供つれてレシピ見ながら買い物ってやってたけど無理ありすぎる」

「2ちゃんねる」には、アイパッドに対するこんな「嘆き節」が書き込まれている。発売後わずか1か月あまりで、「飽きた」というメッセージだ。

不満で多かったのは、その重量だ。Wi-Fi+3Gモデルは730グラム。電車で立っているとき、つり革につかまりながら片手でアイパッドというのは少々つらい。結局携帯電話で十分ではないか、というのだ。

アイパッドの目玉とされた「電子書籍」も、現段階では十分とは言えない。米国では、「iBooks」というアプリケーションを使って、さまざまな書籍を購入できる。日本版にも同じアプリをインストールできるのだが、現状で入手できる書籍は極めて限定されており、しかも英語の無料本ばかりでは使い勝手が悪すぎる。一方で、新聞や雑誌の電子版を提供するサービスは複数出てきたが、それぞれ別のアプリをダウンロードしてはユーザー登録をしなければならない。電子書籍となると、作家や作品ごとに個別のアプリを提供している状態だ。思いついたときに欲しい本をすぐ手に入れられるとは、とても言えない。

PCになじまない人にこそ普及の余地

「実際どういう場面で使うのかイマイチ実感できない」と、アイパッドをもてあまし気味のユーザーがいる半面、自分に便利に使えればいいという人、あるいは「色々やろうと思わない人が何となくいじるにはいい端末」と、マイペースで使えば満足という声もネットにはある。

アスキー総合研究所所長・遠藤諭氏は、肯定的な見通しを持っているという。アイパッドの主要な購入者層は30~40代の男性。遠藤氏によると、「おじさん世代」は自分で使うだけでなく、家に帰ると子どもたちがゲームを楽しもうとアイパッドを「とりあう」という話もあるようだ。

PCとの比較で語られがちなアイパッドだが、遠藤氏は「さまざまな場所や環境で、『ツイッター』などのネットサービスを積極的に使う人には便利ではないか」と話す。いちいちブラウザで特定のウェブサイトを巡らなくても、アプリごとに簡単に個別のネットサービスにアクセスできるのは楽だ。PCのように面倒な設定も必要ないので、むしろPCになじまない高齢者や、携帯電話だけでネットにアクセスする人たちには便利に感じられるはず。今後、学校で「電子教科書」が普及すれば、その端末にもなり得るだろう。

ヨドバシカメラマルチメディアAkibaに聞くと、iPadは今も予約販売の状態で、入荷まで1、2週間かかるという。7月に入っても安定的に予約は入ってくるが、それでも発売直後に比べれば大分落ち着いたようだ。熱狂的なブームは収まった感はあり、新しいもの好きな「アーリーアダプター」の中で既に「アイパッド飽きた」という人が出てきたとしても不思議はない。次の段階としては、まだ普及していない子どもや高齢者といった層に受け入れられるかが、本格的な定着のカギとなるだろう。


現物持ったけど、確かにipadは重いね
外人からすれば問題ない重さなのかも知れないけど、日本人には少し重すぎると思う。
手軽に持ち運ぶという重さではないよね。
もちろん、ネットブックよりは軽いけど・・・。
使い勝手で言ったら、ネットブックの方が使いやすいような。
一番の問題は、ipadの最大の売りである電子書籍が日本では殆ど普及していない。
と言うか、出版社が普及させる気がない。
これが最大の問題だと思う。
正直、今のところ私だったら、ipad持つぐらいならネットブックかノートPCを持つな・・・。
別に電子書籍は、ipad以外でも見られるし
今は電子書籍より、ネットに落ちているデーターを拾ってきて見ているという人が多いからね。
動画やフラッシュなんかを見たい人もいるだろうし。
だったら、わざわざ無駄な制限ばかりで使いにくいipad買うよりは、ネットブックやノートPC買った方が良いような気がする。
少し重くてもその方が良い。
確かに画面は、ipadの方が綺麗で見やすいけど、それだけだし。
慣れれば画面なんて少し小さくても問題なくなると思う。

ipadが起爆剤となり電子書籍が普及すればと思ったけど、このままだと電子書籍の普及につながりそうもないね。
電子書籍に及び腰の出版社って何考えてるんだろう?
どこの会社も出版不況の波をモロに受けて苦しんでいるのに・・・。
電子書籍はそれを打破する可能性を秘めている。
もっとも電子書籍に反対しているのは、印刷関係や販売店なんだろうね。
間違いなく、電子書籍が普及すると淘汰される分野だから。
今までのしがらみで何もできないんだろう。

どちらにしろ、電機書籍化の流れは止められない。
だったら、早く取り組んで、イニシアティブを取ればいいのに、馬鹿なの?

スポンサーサイト
  1. 2010/07/23(金) 08:29:34|
  2. 時事ネタ

プロフィール

とみぃ

Twitter

フォローお待ちしております

最近の記事

月別アーカイブ

カテゴリー

最近のコメント

最近のトラックバック

リンク

このブログをリンクに追加する

ブログ内検索

RSSフィード

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。