とみぃのずぼら日記

メインに時事ネタ、政治ネタ、ゲーム、TV、アニメ等ネタになりそうな事を書いてます。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

ストライクウィッチーズ2 第5話

amazonにあるストライクウイッチーズのキャラクター商品

ストライクウィッチーズ 抱き枕カバー

ストライクウイッチーズのキャラクター商品のはずなのに何故かアダルト扱いw
しかも、高いしw
ボロ儲けだな。

抱き枕のレビュー

By Prince (スオムス国ヘルシンキ)
レビュー対象商品: ストライクウィッチーズ サーニャ・V・リトヴャク 抱き枕カバー (おもちゃ&ホビー)
ソンナ目で見ンナー!


抱キ枕ヲ使ウノハ今日ダケダカンナー


皆さん喜んでいるようですw



※注:このレビューは、とみぃの独断と偏見に基づいた活躍想像です。


食事の準備をする芳佳とリーネ。
ストライクウィッチーズ2 第05話 「私のロマーニャ」 1
「アレ、お米がない」
「え、まだどこからも補給来てないよ」
ストライクウィッチーズ2 第4話 「かたい、はやい、ものすご~い」 137
芋食えよ、芋。
この前、大量に送られてきただろう。

ストライクウィッチーズ2 第05話 「私のロマーニャ」 2
「一挙に全員集まるとは思わなかったからな、それは困った」
「ちょうど色々備品が必要だから、買い物に行ってくれるかしら」
ストライクウィッチーズ2 第05話 「私のロマーニャ」 4
芳佳リーネ「買い物・・・了解!!」

ミーティングで買い出しをする事を伝える。
ストライクウィッチーズ2 第05話 「私のロマーニャ」 5
「・・・と言うことで、臨時補給を実施することになりました。大型トラックが運転できるのはシャーリーさん、ロマーニャの土地勘があるのはルッキーニさんなので、この任務はこの二人にお願いします」
買い出しぐらい、他に駐留している人に頼むといいと思うんだけど・・・。
やっぱり、下着やタンポンとかの生理用品を男の人に買ってきて貰いたくないからなんでしょうか。
ストライクウィッチーズ2 第05話 「私のロマーニャ」 6
「えっ!?」
ストライクウィッチーズ2 第05話 「私のロマーニャ」 8
「わーい、ドライブドライブ~♪」
「たまには基地の外にも出たかったから、こんな任務大歓迎だよ」
「他に、宮藤さんとリーネさんも同行します」
ストライクウィッチーズ2 第05話 「私のロマーニャ」 9
「あ、あの~、やっぱり私は待機で・・・」
「え~、どうして?」
「えっ?」
ストライクウィッチーズ2 第05話 「私のロマーニャ」 11
「解りました、では宮藤さんお願いね」
「はい」
「道案内を頼むぞ、ルッキーニ」
「まっかせなさい~」
ストライクウィッチーズ2 第05話 「私のロマーニャ」 14
「では、欲しい物がある人は言って下さい」
「欲しい物か~。新しい訓練器具とか」
「はいはい。そういうのじゃなくて、みんなの休養に必要なものよ」
ストライクウィッチーズ2 第05話 「私のロマーニャ」 15
「休養か、訓練をしっかりして、しっかり休む重要だな」
訓練の事しか頭にない美緒とバルクホルン。
ミーナに呆れられています。
「他にもうちょっとまともなものを・・・」
ストライクウィッチーズ2 第05話 「私のロマーニャ」 17
「あの・・・、私は紅茶が欲しいです」
ストライクウィッチーズ2 第05話 「私のロマーニャ」 19
「そうね、ティータイムは必要ね。それじゃ私はラジオをお願い」
「カールスラント製の立派な通信機があるじゃないか」
「ここに置くラジオよ。みんなで音楽やニュースが聞けると良いでしょ」
「そういうことか、それは賛成だ。頼むぞ宮藤」
戦時中にどれだけ娯楽番組を放送しているかは疑問ですが・・・。
あと、ニュースは、報道管制されているのでろくなニュースはないと思うけど。
軍の情報があれば十分のような。
ストライクウィッチーズ2 第05話 「私のロマーニャ」 20
「はい、任せて下さい。紅茶とラジオですね」
主人公なのにパシリ役が多い芳佳。
まぁ階級が一番下だから仕方無いけど。
ストライクウィッチーズ2 第05話 「私のロマーニャ」 21
「ピアノ、ピアノヲタノム」
「いくらなんでもピアノは運べないわ」
「チェ、サーニャノピアノガキキタカッタノニ。ナア、サーニャ、ホシイモノハナイカ?」
「エイラ、自分の欲しい物を頼んだら」
ストライクウィッチーズ2 第05話 「私のロマーニャ」 25
「バルクホルンさんは?」
「私か、特にないな」
「じゃあ、クリスさんへのお土産とか」
「ク、クリスかそうだな。じゃあ・・・か、可愛い服を・・・」
「へ?」
「服を頼む」
「服ですね、どんなのが良いですか?」
「任せる、サイズも大体お前と同じだから、お前が選んでくれ」
「いいんですか、それで?」
「ああ、お前が良いと思うもので構わない・・・」
ストライクウィッチーズ2 第05話 「私のロマーニャ」 26
「ペリーヌさんは?」
「私は別に要りませんわ」
「え、でも、せっかくだし・・・」
「要らないって言っているでしょ」
「ペリーヌさん・・・」
ストライクウィッチーズ2 第05話 「私のロマーニャ」 27
「実はペリーヌさん、頂いたお給料と貯金を全部、ガリア復興基金に寄付してて」
「そうなんだ」
「そうだ、芳佳ちゃん。紅茶の他に花の種をお願い」
ストライクウィッチーズ2 第05話 「私のロマーニャ」 29
「後はハルトマンさん」
「ハルトマンの奴、まだ寝ているな」
ストライクウィッチーズ2 第05話 「私のロマーニャ」 30
「起きろ、ハルトマン!」
「え~、あと90分・・・」
「兵は神速を尊ぶのだ、さっさと起きろ」
「あの~、買い物に行くんですけど何か欲しい物ありますか?」
「お菓子!」
「お前に必要なのは、目覚まし時計だ」
「え~、お菓子、おかしおかしおかしおかし・・・」
「うるさい!」
ストライクウィッチーズ2 第05話 「私のロマーニャ」 31
「と言うわけで、目覚まし時計を頼む」
ストライクウィッチーズ2 第05話 「私のロマーニャ」 32
「ミヤフジ、マクラダ。マクラカッテキテクレ、マクラ」
「枕?」
「イロハクロデ、アカノワンポイントガアルトイイナ。ソザイハベルベットデ、ナカッタラテザワリノイイヤツナ。ナカワタハミズドリノハネデ、ダウンカスモールフェザー・・・」
「ちょ、ちょっと・・・」
「ワカッタカ?」
「エイラさん、いっぺんに言われてもわかんないですよ」
ストライクウィッチーズ2 第05話 「私のロマーニャ」 35
「シカタナイナ、カイテヤルカラマチガエルナヨ。イイカワスレルナヨ、ゼッタイダゾ」
「はぁ」
一体何語で書いているんだろう?

ストライクウィッチーズ2 第05話 「私のロマーニャ」 37
「いってらっしゃ~い」
芳佳達を見送るリーネ。
「いってきま~す」
ストライクウィッチーズ2 第05話 「私のロマーニャ」 38
(無事に帰ってきてね)
友達なんだから、教えてやれよ。
ストライクウィッチーズ2 第05話 「私のロマーニャ」 45
「わー、綺麗。リーネちゃんも来ればよかったのに」
ストライクウィッチーズ2 第05話 「私のロマーニャ」 40
「前方見通し良し、対向車無し。にひぃ・・・」
ストライクウィッチーズ2 第05話 「私のロマーニャ」 41
昔の癖か、シャーリーがトラックで峠を攻める。
ちなみにトラックでこんな運転は、プロレーサーでも出来ませんw
ストライクウィッチーズ2 第05話 「私のロマーニャ」 42
猛スピードで谷間の道を走るトラック。
ストライクウィッチーズ2 第05話 「私のロマーニャ」 43
「お、落ちる~!」
「楽しい~♪」
「ええぇぇぇぇ!?」
「いけ~♪」
「止めて~!」
ストライクウィッチーズ2 第05話 「私のロマーニャ」 44
「いっけー!!」
谷を大ジャンプ
ストライクウィッチーズ2 第05話 「私のロマーニャ」 47
「決まった・・・」
見事に成功。
これは怖いわw

そんなこんなでローマに到着。
ストライクウィッチーズ2 第05話 「私のロマーニャ」 50
「芳佳、ローマの街だよ」
ストライクウィッチーズ2 第05話 「私のロマーニャ」 49
「うわ~、すごーい!」
初めて見るローマの街に感動している芳佳。
殆どおのぼりさん状態です。
ストライクウィッチーズ2 第05話 「私のロマーニャ」 51
「ローマは歴史がある街だからね」
「本当に素敵な街だね。ルッキーニちゃんが生まれた街でしょ」
「まーね」
「アフリカでもローマの自慢ばっかりしてたからな」
「だって、本当に良い街なんだから」
「はいはい、解った解った」

お店に到着
ストライクウィッチーズ2 第05話 「私のロマーニャ」 52
それぞれが買い物をする。
ストライクウィッチーズ2 第05話 「私のロマーニャ」 54
「似合ってるな、宮藤」
ストライクウィッチーズ2 第05話 「私のロマーニャ」 55
「いえ、これはバルクホルンさんに頼まれたものです」
「ええ!?これをあいつが」
ストライクウィッチーズ2 第05話 「私のロマーニャ」 57
ゲルトォォォォォォォォォォォ!!! (お約束なので)

ストライクウィッチーズ2 第05話 「私のロマーニャ」 58
「だぁっはっはっはっはっは・・・」
「ち、違いますよ、これは妹のクリスさんが着るんです」
ストライクウィッチーズ2 第05話 「私のロマーニャ」 59
退屈そうに待っているルッキーニ。
ストライクウィッチーズ2 第05話 「私のロマーニャ」 60
ルッキーニが窓の外を見ると、若い娘が謎の男に捕まっている。
ストライクウィッチーズ2 第05話 「私のロマーニャ」 62
「スーパールッキーニキック!!」
ストライクウィッチーズ2 第05話 「私のロマーニャ」 63
「いこ、こっちこっち」
「え、あの・・・」

ストライクウィッチーズ2 第05話 「私のロマーニャ」 64
「あ、あの、ありがとうございました。あの、あなたは?」
「私?通りすがりの正義の味方『フランチェスカ・ルッキーニ』」
「私はマリアです」
「マリアか、よろしくね」
「あ、あの、よろしくお願いいたします」
「さっきの何?」
「あ、えーと・・・」
「解った、あいつらマフィアだ。だよね、だよね」
「ええと・・・、そのようなものです」
ストライクウィッチーズ2 第05話 「私のロマーニャ」 66
色々と話をする二人。
どうやらマリアは、ローマの街を出歩いたことがないので、色々と街を見てみたいということだった。
「このルッキーニ様にお任せ、さぁ行くよ」

ストライクウィッチーズ2 第05話 「私のロマーニャ」 67
「アレ~、車にもいないな」
「さっきまでお店の椅子に座ってましたよね」
「ルッキーニに残りのお金全部渡しちゃったからな」
「え~、まだ食料買ってないですよ」
「まぁ、そのうち帰ってくると思うけど」
「急いで探しましょう!」
ストライクウィッチーズ2 第05話 「私のロマーニャ」 68
ローマの名所を巡る二人。
「おっきいでしょう」
「素晴らしい」

ストライクウィッチーズ2 第05話 「私のロマーニャ」 69
「ルッキーニちゃ~ん」
ルッキーニを探す二人。
ストライクウィッチーズ2 第05話 「私のロマーニャ」 70
どっかで見たことあるシーンなんですけど・・・w
ストライクウィッチーズ2 第05話 「私のロマーニャ」 74
「こうやって、後ろ向きでコインを入れると、またローマに来れるんだって」
トレビの泉にコインを投げ入れる二人。
って二人ともローマ出身じゃんw
ストライクウィッチーズ2 第05話 「私のロマーニャ」 75
「シャーリーさん!」
「いたか!?」
「猫です」
すでに探す気が無い二人。

ストライクウィッチーズ2 第05話 「私のロマーニャ」 76
スペイン広場で子供達とジェラートを食べる
※実際のスペイン広場では、文化財保護の為に飲食は禁止されています。
ストライクウィッチーズ2 第05話 「私のロマーニャ」 77
子供達と街を散策する。
ストライクウィッチーズ2 第05話 「私のロマーニャ」 78
さらに一緒にレストランで食事をする。
ストライクウィッチーズ2 第05話 「私のロマーニャ」 79
子供達と別れる。
「財布空っぽ」
いいのか、部隊のお金じゃないの?
完全に横領ですw

ストライクウィッチーズ2 第05話 「私のロマーニャ」 200
「あ~、もう全然みつかんね~」
「いろんな人に聞いてみたけど、さっぱりでもうヘトヘトです」
ストライクウィッチーズ2 第05話 「私のロマーニャ」 203
と言ってケーキを食べる芳佳。
「美味しい~。シャーリーさんこれ凄く美味しいですよ」
「お前なぁ・・・」
といってケーキをシャーリーに食べさせる
ストライクウィッチーズ2 第05話 「私のロマーニャ」 204-1
「おお、ずっげえ美味いなこれ」
「でしょう」
「ああ、このケーキもう一つ、いや二つ」
「お願いします」
『志村~、後ろ後ろ~』状態です。
駄目だ、こいつらw

ストライクウィッチーズ2 第05話 「私のロマーニャ」 81
街の眺めが一望できる場所に来た二人。
ストライクウィッチーズ2 第05話 「私のロマーニャ」 82
「ねえ、本当は見せたい景色がもう一つあるんだけど」
「それは是非見てみたいです」
「今はちょっとね・・・」
「そうですか、では、またの機会にお願いします」

その時、ネウロイ襲撃を知らせる警報が鳴り響く
ストライクウィッチーズ2 第05話 「私のロマーニャ」 83
「オイオイ、奴らろーまにまで南下してるのか。いくぞ宮藤」
「はい!」
ストライクウィッチーズ2 第05話 「私のロマーニャ」 84
「速く逃げましょう、ルッキーニさん」
「私、行かなきゃ」
ストライクウィッチーズ2 第05話 「私のロマーニャ」 85
「いた!シャーリーさんあそこ、塔の上です」
「塔?」
何で見えるんだよ、さっきのカフェでは見えなかったのにw
ストライクウィッチーズ2 第05話 「私のロマーニャ」 87
「行かなきゃ、私ウィッチだから」
ストライクウィッチーズ2 第05話 「私のロマーニャ」 88
芳佳達が持ってきたストライカーを装着する。

ストライクウィッチーズ2 第05話 「私のロマーニャ」 90
「ロマーニャは私が守る」
「先走るな、ルッキーニ」
「でも・・・」
「解っている、でも一人じゃ駄目だ」
「ルッキーニちゃんの故郷を守りたいのは、私たちも一緒なんだから」
「ありがとう、シャーリー、芳佳」
「いくぞ連係攻撃だ」
ストライクウィッチーズ2 第05話 「私のロマーニャ」 90-1
連携してネウロイを攻撃する三人。
ストライクウィッチーズ2 第05話 「私のロマーニャ」 91
ネウロイの核が現れる。
ストライクウィッチーズ2 第05話 「私のロマーニャ」 92
「シャーリー、コアが見えた」
「よし、X攻撃だ」
X攻撃・・・。どんな攻撃なんでしょう?

ストライクウィッチーズ2 第05話 「私のロマーニャ」 94
ルッキーニが回り込んで仕掛けるも、攻撃に気づき、展開するネウロイ。
ストライクウィッチーズ2 第05話 「私のロマーニャ」 95
「気づかれた」
ストライクウィッチーズ2 第05話 「私のロマーニャ」 97
芳佳がシールドを張り、攻撃を防ぐ。
そのスキに、ルッキーニがシールドを展開し、ネウロイの核に体当たりを掛ける。
ストライクウィッチーズ2 第05話 「私のロマーニャ」 98
ルッキーニが見事にネウロイの核を貫く。
ストライクウィッチーズ2 第05話 「私のロマーニャ」 99
ネウロイは破壊される。
・・・というか、いつもの戦い方とあまり変わらないような。
どこがX攻撃だったのだろうか?
謎だX攻撃w

ストライクウィッチーズ2 第05話 「私のロマーニャ」 100
「凄い・・・」
ストライクウィッチーズ2 第05話 「私のロマーニャ」 101
「芳佳、これ持ってて」
ストライクウィッチーズ2 第05話 「私のロマーニャ」 102
「見せて上げる」
「え?」
ストライクウィッチーズ2 第05話 「私のロマーニャ」 104
「見て、マリア。これが絶対見せたかった景色だよ」
「これが・・・。ルッキーニさんは怖くはありませんか?」
「へ、なにが?」
「あんな恐ろしい敵と戦うなんて、怖くはないんですか?」
「だって、ネウロイやっつけないとロマーニャ無くなっちゃうじゃん。みんなの家や友達を守るのがウィッチだもん」

ストライクウィッチーズ2 第05話 「私のロマーニャ」 106
「一人で帰れる?」
「はい、今日はとても素晴らしい1日でした」
「本当?」
「ええ、私は私のなすべき事に気づきましたから」
「そっか、頑張ってね」
ストライクウィッチーズ2 第05話 「私のロマーニャ」 107
謎の男の元に帰るマリア。

ストライクウィッチーズ2 第05話 「私のロマーニャ」 108
「うあ~~~ん、ごめんなさい~」
「しかし、食料調達のお金を全部使い切るとはな。監督責任!」
「ひぃ!」
ストライクウィッチーズ2 第05話 「私のロマーニャ」 109
「私にもあるな、共に反省をしよう」
「すまん、ルッキーニ」
まぁ、シャーリー達も十分怒られる様なことをしているけどねw
ストライクウィッチーズ2 第05話 「私のロマーニャ」 110
「はい、エイラさん」
「イッタモノアッタカ」
「欲しい物見つかったの、よかった」
「サーニャちゃんにはこれ」
「ありがとう芳佳ちゃん」
「もうエイラさんって注文が細かくって」
「ソ、ソンナコトナイゾ」
「エイラ、人にお願いするときは少しは遠慮するものよ」
ストライクウィッチーズ2 第05話 「私のロマーニャ」 111
「ペリーヌさん、これ」
「なんですの、これ」
「お花の種、この基地の周りにお花を植えたらどうかなって、リーネちゃんが」
「リーネさんが」
「うん、ペリーヌさんにお花の育て方を教えて貰おうと思って」
「どうして私がそんなことを」
「一緒に植えようよ」
「教えて下さい」
「仕方ありませんわね・・・」
ストライクウィッチーズ2 第05話 「私のロマーニャ」 112
「バルクホルンさん、これどうです」
「あ、ああ。凄く良いな」
「胸ちっちゃくないか?」
「何を言う、バッチリだ」
「うんうん、そうだな」
ストライクウィッチーズ2 第05話 「私のロマーニャ」 113
買ってきたラジオを入れてみる。
<さて、本日初めての公務の場である園遊会に出席された、ロマーニャ公国第一王女マリア殿下からのお言葉です>
ストライクウィッチーズ2 第05話 「私のロマーニャ」 114
「昨日ローマはネウロイの襲撃を受けました。しかし、そのネウロイは、小さなウィッチの活躍で撃退されたのです。その時、私は彼女から大切なことを教わりました。この世界を守るためには一人一人が出来ることをすべきだと。私も私が出来ることでロマーニャを守っていこうと思います」
ストライクウィッチーズ2 第05話 「私のロマーニャ」 115
<ありがとう、私の大切なお友達、フランチェスカ・ルッキーニ少尉>
その放送に一同が驚く。
でも、いくらテレビのない時代とはいっても写真はあるんだから、自国の君主の公女の顔ぐらい知っててもいいと思うけど。
ジントみたいだw
ストライクウィッチーズ2 第05話 「私のロマーニャ」 116
公女からお礼に大量の物資が送られてきた。
めでたしめでたしw

つづく
スポンサーサイト
  1. 2010/09/13(月) 00:46:01|
  2. レビュー

プロフィール

とみぃ

Twitter

フォローお待ちしております

最近の記事

月別アーカイブ

カテゴリー

最近のコメント

最近のトラックバック

リンク

このブログをリンクに追加する

ブログ内検索

RSSフィード

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。