とみぃのずぼら日記

メインに時事ネタ、政治ネタ、ゲーム、TV、アニメ等ネタになりそうな事を書いてます。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

ストライクウィッチーズ2 第3話

過日、荒尾競馬で行われたレース。

2010年4月16日(金)荒尾競馬 第7競走 ダート 1400m
ハルトマンカワイイデスヨ杯


2010年8月21日(土)荒尾競馬 第10競走 ダート 1400m
みやーニャカワイイデスヨ杯

(これ以外にも、6/11に『リーネチャカワイイデスヨ杯』も開催されました)

荒尾競馬・・・。
存続の危機に立たされているから、いたしがたないのかな。
レースしている人で何人が、ストパンって理解しているんだろう?
ちなみに、この冠協賛レースは個人だと1万円分の副賞を準備すればいいそうです。
結構安いですね。
8/26は荒尾競馬開催日なんですが、その日が坂本美緒の誕生日なので冠協賛レースが行われそうです。



※注:このレビューは、とみぃの独断と偏見に基づいた活躍想像です。また一部のキャラは、本作品には登場しません。

扶桑からの補給物資を持って竹井の元を訪れた美緒と芳佳。
ストライクウィッチーズ2 第3話 1
「報告書は読んだ、あの内容事実なのか?」
「ええ・・・」
ストライクウィッチーズ2 第3話 3
「あの時私たちはネウロイと接触できると思ってた。でも結局、私たちは解り合えなかった。ネウロイはより一層凶暴になって現れた」
ストライクウィッチーズ2 第3話 5
「気を付けて美緒」
「ああ、次に会うときは平和な世界で会いたいものだな、醇子」
「そうね」

補給物資を渡し終え、基地に帰る二人。
ストライクウィッチーズ2 第3話 7
美緒は、ネウロイと接触しようとして失敗したことやその際に現れたネウロイと戦闘で、連合軍第504統合戦闘航空団が壊滅的打撃を受けたことを芳佳に話した。
「504航空団は現在再編中だが、ウィッチを集めるには時間が掛かる。その間にもネウロイはヴェネチアからロマーニャに南下してきている。地上戦力が抵抗しているが、ネウロイが本格的に襲撃してきた時、対抗できるのは我々ストライクウィッチーズだけだ」
ストライクウィッチーズ2 第3話 8
「坂本さん私戦います、戦ってこのロマーニャを守ります」
ストライクウィッチーズ2 第3話 9
「よし、良く言った宮藤。帰ったら早速特訓だ」
「はぁ・・・。はい」
余計なことを言ったと芳佳は少し後悔したようだ。

基地に戻り、訓練を受ける芳佳、リーネ、ペリーヌ。
ストライクウィッチーズ2 第3話 14
しかしこの三人は、先のガリア解放以来、軍から離れていた。
ストライクウィッチーズ2 第3話 13
「明らかに体力不足ね」
「あの三人はブリタニアの戦いの後、軍から離れていたからな。実質半年以上のブランクだ」
ストライクウィッチーズ2 第3話 12
「午前中の飛行訓練でもあいつらは問題が多かったぞ」
ストライクウィッチーズ2 第3話 16
「少佐、今のままだと実戦に出すのは危険だぞ」
「そうだな」
ストライクウィッチーズ2 第3話 18
「宮藤、リーネ、ペリーヌ。お前達は基礎からやり直しだ」
芳佳リーネペリーヌ「はい!」

ストライクウィッチーズ2 第3話 19
特訓に向かう三人。
ストライクウィッチーズ2 第3話 21
「本当にここが訓練場なんですか?」
「少佐にいただいた地図だとここで間違いありません」
「でも・・・、誰もいないよ」
ストライクウィッチーズ2 第3話 22-1
「私が、今日からお前達を指導するオオタだ!」
ストライクウィッチーズ2 第3話 24
「こんにちは」
「あ、あの・・・、あなたがオオタ中佐ですか」
ストライクウィッチーズ2 第3話 25
「そうだ」
ストライクウィッチーズ2 第3話 26
「あの、私たち坂本少佐の命令で訓練に来たんです。ここで合格を貰うまでは絶対に帰るなって言われました」
ストライクウィッチーズ2 第3話 26-5
「まず全員、ストライカーユニットを脱げ!それから使用は許さん」
ストライクウィッチーズ2 第3話 27
「まず、あそこから水を酌んでこい。今晩の風呂と食事用だ」
ストライクウィッチーズ2 第3話 28
「ええ、あんな遠く?」
「ここは海の上だ、水が出るのはあそこだけだ」
「でもストライカーを使えば・・・」
ストライクウィッチーズ2 第3話 26-5
「ストライカーの使用は禁止と言ったはずだ!ウィッチは箒で飛ぶのが基本だ。さっさと始めろ!」

箒に跨り飛ぼうとする三人。でも初めて事で上手くいかない。
ストライクウィッチーズ2 第3話 34
「い、痛い」
ストライクウィッチーズ2 第3話 35
「く、食い込む」
ストライクウィッチーズ2 第3話 36
「いっ・・・・」
ストライクウィッチーズ2 第3話 37
「何をしている、これで魔女とは片腹痛い。もう一度学科からやり直せ!」
ストライクウィッチーズ2 第3話 43
「今時、ウィッチの修行で箒だなんて、時代遅れにも時代遅れにも程がありますわ」
ストライクウィッチーズ2 第3話 44
「ペリーヌさん」
ストライクウィッチーズ2 第3話 45
「コーチ、私も知りたいんです、こんな特訓で強くなれるんですか?」
ストライクウィッチーズ2 第3話 45-1
「お前、強くなりたいのか?」
「はい!」
「何故だ!?」
「私、強くなってネウロイからこの世界を守りたいんです。困っている人たちを助けたいんです」
ストライクウィッチーズ2 第3話 46
「芳佳ちゃん・・・」
ストライクウィッチーズ2 第3話 45-1
「信じられないのか?だが、お前達の教官もここで訓練して一人前の魔女になった」
ストライクウィッチーズ2 第3話 52
「え、教官って・・・」
「坂本少佐が」
「あいつは素晴らしい素質を持っていた。そして見事に成長した」
ストライクウィッチーズ2 第3話 45-1
「そしてお前達も素質はある、だがお前達が魔女になるために持っていないものを坂本は持っている。それが解るか」
ストライクウィッチーズ2 第3話 52
芳佳リーネペリーヌ「・・・」
「それを自分で見つけるのが今回の特訓だ」

ストライクウィッチーズ2 第3話 54
日も暮れ、今日の訓練は終わった。
ストライクウィッチーズ2 第3話 57
「クソコーチ・・・これって坂本さんの字だ」

二日目の特訓
ストライクウィッチーズ2 第3話 59
ストライクウィッチーズ2 第3話 61
ストライクウィッチーズ2 第3話 62
「三人ともこっちに来い」
ストライクウィッチーズ2 第3話 60
「三人とも魔法力は足りている。足りないのはコントロール。今までは機械がしていたが、これからは自分でコントロールしろ」
ストライクウィッチーズ2 第3話 64
ストライクウィッチーズ2 第3話 67
「い、痛いです、コーチ」
「痛いのは箒に体重が掛かっているからだ」
ストライクウィッチーズ2 第3話 65
「お前も」
「ひゃあ!」
ストライクウィッチーズ2 第3話 66
「お前もだ」
「いいっ!」
ストライクウィッチーズ2 第3話 25
「お前達はストライカーユニットに頼っていた。それを忘れて箒と一体化しろ。箒を体の一部と感じろ」
「体の一部?」
「そんなイメージで魔法を込めるんだ」
ストライクウィッチーズ2 第3話 70
「飛べた~」
「私も飛べた」
「飛べましたわ」
ストライクウィッチーズ2 第3話 71
「うむ・・・」
ストライクウィッチーズ2 第3話 73
「なんだかストライカーで飛ぶときの風と違うような気がする、気持ちいい」
「うん気持ちいいね」
「うん、でも、まだちょっとすれる・・・」

ストライクウィッチーズ2 第3話 73-5
「今日の所はいいだろう。よく聞け、坂本には素質がある。しかしそれ以上にあいつの才能を形作っているのはあいつ自身の努力だ。確かにお前達には才能がない、努力の分がすっぽり抜けているから。しかしお前達には素質がある。努力をしろ才能を磨け、他を頼るな。いいか自らを全身で感じ、頭で考え心で判断しろ。戦場で頼れるのは自分だけだ」
ストライクウィッチーズ2 第3話 74
芳佳リーネペリーヌ「コーチ」
「お前達にはやらなければいけない事があるはずだ」

ストライクウィッチーズ2 第3話 82
次の日になり特訓をする三人。
ストライクウィッチーズ2 第3話 83
「何、あれ?」
「まさか」
「ネウロイ?」
ストライクウィッチーズ2 第3話 84
「迎撃地点は海上か」
「それまでは、陸地を少しかするだけ、上陸はしなさそうね」
「これなら緊急出動の必要性もないな・・・ここは?」
「まずい」
ネウロイは芳佳達がいる小島の上空を通過するルートを取っている。
お約束ですねw
ストライクウィッチーズ2 第3話 87
「コーチ大変です、ネウロイがこっちに来ます」
ストライクウィッチーズ2 第3話 88
「お前達の基地から連絡が入った」
「誰か出撃したんですか?」
「基地の部隊は今から出撃しても間に合わない」
ストライクウィッチーズ2 第3話 89
「そんな・・・」
ストライクウィッチーズ2 第3話 90
迫るネウロイ。

ストライクウィッチーズ2 第3話 93
ネウロイ迎撃のために出撃する三人。
ストライクウィッチーズ2 第3話 94
「私とリーネさんが編隊を組んで攻撃、宮藤さんは援護して」
ストライクウィッチーズ2 第3話 95
攻撃をするも、ネウロイには効いていない。
ストライクウィッチーズ2 第3話 97
「堅い」
「火力を上げないと、破壊できないよ」
「三人で同時に攻撃しよう」
ストライクウィッチーズ2 第3話 98
「でも三人で編隊攻撃なんて高度なこと・・・」
「出来るよ!この三人なら絶対に出来るよ」
ストライクウィッチーズ2 第3話 100
三人で同時攻撃をネウロイに仕掛ける。
ストライクウィッチーズ2 第3話 102
「みんなの動きが見える」
「ビームをかわせますわ」
「箒のお陰だよ」
箒に乗れたら、何故ビームが見えたり、みんなの動きが見えるようになるのか解りませんが・・・w
特訓の成果が出ているようです。
ストライクウィッチーズ2 第3話 104
「コアが見えた」
「もう再生が始まってますわ」
ストライクウィッチーズ2 第3話 105
「早くコアを壊さないと」
ストライクウィッチーズ2 第3話 106
「私がやります」
ネウロイのコアを狙う撃つリーネ。
ストライクウィッチーズ2 第3話 107
しかし、コアを破壊することは出来ず、逆に反撃を受ける。
ストライクウィッチーズ2 第3話 109
「芳佳ちゃーん!!」
ストライクウィッチーズ2 第3話 110
墜落したリーネを救出に行く芳佳。
ストライクウィッチーズ2 第3話 113
「・・・合体した!?」
ストライクウィッチーズ2 第3話 114-1
「私のシールドでギリギリまで接近するから、リーネちゃんはコアを狙って」
「了解」
肩車をしただけで合体しているようには見えませんが・・・。
ストライクウィッチーズ2 第3話 119
リーネと芳佳の合体(?)のお陰で見事にネウロイのコアを叩くことに成功。
ストライクウィッチーズ2 第3話 121
「やりましたわ」
「やったー、やったよ、リーネちゃん」
「うん」
ストライクウィッチーズ2 第3話 71
「三人と合格だ」
ストライクウィッチーズ2 第3話 123
「この度はお世話になりました」
「誰かさんと違って、別途で泣いたりはしてなかったぞ」
「・・・(クソコーチ)」
つづく

これで3話のレビューは終わりです。
って、別の話に変わってるじゃん!
スポンサーサイト
  1. 2010/08/26(木) 23:47:09|
  2. レビュー
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<ストライクウィッチーズ2 第4話 | ホーム | ストライクウィッチーズ2 第2話>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://ginnogama.blog4.fc2.com/tb.php/11-dc11315f
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

とみぃ

Twitter

フォローお待ちしております

最近の記事

月別アーカイブ

カテゴリー

最近のコメント

最近のトラックバック

リンク

このブログをリンクに追加する

ブログ内検索

RSSフィード

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。